1. 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
  2. チャレンジタッチ先取り学習はリスクが多い?口コミと共にメリット・デメリットを紹介!

チャレンジタッチ先取り学習はリスクが多い?口コミと共にメリット・デメリットを紹介!

更新日時 2021/04/09

「チャレンジタッチでの先取りはできるの?」

「他にも飛び級に利用できる教材はあるの?」

このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

小学生の学習教材では、タブレット学習が急速な広がりを見せています。通信教育大手である進研ゼミでも「チャレンジタッチ」を取り入れており、それを利用して先取り学習を試みようとする親御さんも多いかと思います。

ですが、チャレンジの性質上、先取り学習のメリットと相容れない部分やタブレットのメリットがデメリットになるケースもあります

この記事では、チャレンジタッチを利用した先取り学習についてのリスクや、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。チャレンジタッチを利用した先取り学習を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

チャレンジタッチの先取りついてざっくり説明すると

  • 学年を飛び級して申し込むことで先取り学習が可能

  • 次月号の内容を先取りすることはできない

  • チャレンジタッチを利用した先取り学習は一部で評判が悪い

  • チャレンジタッチが学校の授業をベースにした設計であるため、先取り学習に向いていない部分もある

  • 飛び級の受講は申込時の情報が紐づくため、慎重に検討しよう

\資料請求で体験教材プレゼント!/

目次
  • チャレンジタッチで先取り学習はできるのか?

  • チャレンジタッチで先取りする5つのリスク・デメリット

  • チャレンジタッチで先取りをするメリットは?

  • 【口コミ・体験談】チャレンジタッチで先取りをした方の感想

  • チャンレンジタッチの先取りで親ができる工夫は?

  • 飛び級におすすめの他の教材は?

  • チャレンジタッチでの先取り学習まとめ

チャレンジタッチで先取り学習はできるのか?

チャレンジタッチで学ぶ子供

まずは、チャレンジタッチを使って先取り学習をするための方法を確認しておきましょう。

そもそもチャレンジタッチってどんな教材なの?

そもそもチャレンジタッチとは、どのような教材なのでしょうか。

チャレンジタッチは、進研ゼミ小学講座が提供しているタブレット講座です。専用のタブレットを使って手軽に学習ができて内容も充実しているので、幼児や小学生にも非常に人気があります。

動画やアニメーションを積極的に取り入れていて解説なども分かりやすく、問題も解きやすい工夫がされていますから、勉強に取り組むのが苦手なお子様でも、チャレンジタッチならば学習するという報告も多く聞かれます。

肯定的な意見の中には「計算アプリやしりとりが楽しめた」「チャレンジイングリッシュで、早目に英語学習に親しめた」など、楽しく学習できたという意見が目立ちました。

飛び級をすることで先取り可能

チャレンジタッチを利用して先取り学習することは可能です。

ただし、「今月号を早く終えることで次月号の内容に進む」といった先取り方法はできません

チャレンジタッチで先取り学習をするためには、一つ上の学年で申し込みをする、いわゆる飛び級をする必要があります。そのため、公文のようにどんどん自由に先に進むといった勉強は難しいので注意が必要です。

やや不便な方法ではありますが、飛び級で勉強すると知的好奇心を育てやすいなど多くのメリットもあるので、実際にチャレンジタッチで先取り学習をしている人も少なからずいらっしゃいます。

飛び級をすると、ジュエルポイントを貯めてもらえるプレンゼントの内容も、実際の学年教材よりも少し大人っぽいもののバリエーションが増えるなど、先取りならではの楽しみもあります。

一方、やはり通常は想定されていない方法での先取りとなるので、先取りをする際には懸念点やデメリットも少なくありません

チャレンジタッチで先取りする5つのリスク・デメリット

チャレンジタッチで先取りするリスク・デメリット チャレンジタッチを利用した先取り学習について、ネットやTwitterなどを検索すると「失敗」や「おすすめしない」という内容が目につくのではないでしょうか。

ネガティブな意見が目立つのは、チャレンジタッチの持つ特性が先取り学習にそぐわないからだと考えられます。

以下の段落で、チャレンジタッチが先取り学習に不向きな理由を考えてみましょう。

1:定着度・理解度が下がるので不要

進研ゼミはそもそも教科書準拠を意識した教材です。チャレンジタッチに限らす、紙教材であっても学校の授業や宿題も含めて適切な学習量になるように計算されており、家庭でも「反復学習」ができるように意識されています。

そのため、チャレンジタッチも含めて進研ゼミの学習目安時間は、一日あたり10分です。

ですが、チャレンジタッチで先取り学習をしようとした場合には、先取り学習の内容に触れる時間が「チャレンジタッチのみの学習」に限られてしまい、学校→家庭学習の反復のローテーションが崩れます。先取りしているだけで安心してしまい、一度解いて満足するだけで終わることも予想されますから、かえって定着度や理解度は下がるリスクがあるのです。

2:学校の授業に興味が無くなってしまう

先取り学習をすると、同じ学習内容を学校で習うときには既に「知識がある」状態になります。その場合、学校の授業を聞いているだけの状態ではつまらなく感じてしまい、やる気や興味が薄れるリスクもあります。

また、既に学習している内容を「知っているから」と油断して復習しなかったり、学校の問題集などにも手をつけなくなることも考えられるかもしれません。結果的に宿題が未提出になったり、復習を怠った結果テストの点数が下がったりするケースもあり得ます。

このようなことを繰り返していると先生の心象が悪くなり、成績にも影響します。特に、中学受験を考えているのであれば、学校によっては先生の所見を提出させる学校もありますから、日頃の学習態度が怠惰にならないように注意しなければなりません。

3:親の手助けが必要になって良さが減る

チャレンジタッチの魅力の一つとして、問題の自動丸付け機能や選択問題の多さなど「子どもが1人で学習を進められるサポート体制」が挙げられます。ですが、先取り学習では、そもそも問題が学校で学習していない分野であるにも関わらず、先の学年の教科書ベースの知識が必要なので、先取り学習は親の手助けが不可欠です。

例えば国語であれば、学校で習っていない文章の問題であったり、文法問題が出てきた場合などは、聞き慣れない言葉の解説なども必要でしょう。著作権の関係などでネットでは出てこない作品などもあるので、学習の下準備だけでも、親には大きな負担がかかります。

親の負担が大きいだけでなく、問題の難易度も上がりますから問題の読み込みや理解にも時間がかかるリスクが大きく、チャレンジタッチの手軽さというメリットも薄れてしまうと言えるでしょう。

4:先取りはチャレンジタッチ以外でも良い

「メリット・デメリット」という観点からは少し外れますが、学校の授業の補完的な役割を担うチャレンジタッチで先取り学習をしようとするよりは、より高度な内容にも対応している他の通信教育を受講するほうが望ましいとも考えられます。

特に小学生で先取り学習を検討している場合には、中学受験を視野に入れている家庭も多いのではないでしょうか。小学校の授業に準拠した内容のチャレンジタッチでは、難関中学受験の特殊な問題には対応するのは難しいと言えます。

中学受験を意識して先取り学習をするのであれば、同じように通信教材でありながらよりハイレベルな教材であるZ会のほうがおすすめです。また、実際にチャレンジタッチでの先取り学習組でも、他の教材や個別指導の学習塾と併用していた人がほとんどです。

どうしても進研ゼミにこだわるのであれば、紙教材の方が学年調整なども柔軟に対応してくれますから、こちらの利用を検討してみましょう。

5:先取りを辞める時に面倒

チャレンジタッチの利用を始める際には、必ず使用する学年を尋ねられます。先取り学習をする場合、例えば「4年生であっても5年生の内容を学びたい」と考えた際には5年生の教材を選択するわけです。

ですが、一度飛び級をしてしまうとその情報がずっと紐付いて残ってしまうため、学習内容が難しくなった場合であっても、本来の学年に戻って学習することは出来ません。先の例であれば、4年生から5年生に進級するに当たり1学年分飛び級していると、既に6年生として登録されているので、手元に届くのは6年生の教材です。

もし4年生の段階で先取りの教材の契約を取り消し、4年生の内容に戻そうとした場合には、新たにタブレットを購入しなければなりません。ただし、チャレンジタッチの料金体系では、兄弟名義を利用して2台目を購入した場合についても、6カ月以上利用すると実質無料になりますから、費用面についてはあまり心配しなくても大丈夫です。

チャレンジタッチで先取りをするメリットは?

チャレンジタッチで先取りをするメリット

ここまでチャレンジタッチで先取り学習をする場合のデメリットを中心に述べてきましたが、実際には、先取り学習をしている人も多くいます。何かしらのメリットがなければ、先取り学習をする人はいないはずですね。

今度は、先取り学習をする際のメリットについて解説していきましょう。

1:自信や余裕を持って学校の授業に臨める

先取り学習をすると、学校で学習する内容については予備知識を蓄えた状態で授業に臨むことができます。そのため、授業を聞いている際も余裕を持って先生の話に耳を傾けられ、自信の源になります。

授業によっては、先生が不特定の生徒に向かって、黒板に書いた問題を解くように促すこともありますよね。その際にも、積極的に前に出て皆の前で発表するなど授業に対して前のめりに参加する人も、先取り学習者には多いと言われています。

さらに、先取り学習で基礎的な力を身につけておくと、応用問題に取り組む余裕が生まれます。学校の授業やテストで多少難問が出されても基礎をしっかり理解できていれば、応用問題まで思考を巡らすゆとりが生まれるので、多少意地の悪い問題に直面しても落ち着いて対処できるでしょう。

2:未就学児でも小学生の豊富なアプリを利用できる

未就学児用のチャレンジタッチと、小学生用では使えるアプリのバリエーションにも大きな差があります。小学生用のものは1000冊以上の絵本や本が読み放題の「まなびライブラリー」では、日本や世界の童話を始めとして「おしりたんていシリーズ」など、子どもにも人気の作品が採用されています。

また、漢字や算数、英語の問題をゲーム感覚で楽しく解きながら、基礎知識を身につけられます。ゲームの中で名産品などをヒントに都道府県を当てるクイズアプリなど、未就学児でも利用しやすいアプリが揃っていますから、親子で楽しむこともできるでしょう。

チャレンジタッチの小学生向けのアプリは未就学児向けのアプリよりも知的好奇心を刺激してくれるものが多いです。そのため、それらを目当てに幼稚園・保育園の段階から小学校1年生用の教材を利用するご家庭も、時折見られます

3:勉強に飽きづらくなる

自分の学年に合わせたチャレンジタッチを利用すると、学校の学習内容とほぼ同じ内容の振り返りになります。それで学力の定着を図るのがチャレンジタッチの目的ですが、飽きっぽい子どもでは宿題をやるだけで退屈してしまい、教材を溜め込んでしまうケースも多いのではないでしょうか。

一方、チャレンジタッチで先取り学習をした場合は、必然的に学校とは違う内容を勉強します。新鮮な気分で勉強に向かい合えるため、集中力も増しやすいと言えるでしょう。

さらにチャレンジタッチは、それほど難易度は高くない上に、ゲーム感覚で学習できるメリットもあります。勉強意欲の高い子は、先取り学習の方がやる気が出やすいことも多いでしょう。

4:シンプルに頭の良い子に育つ

シンプルな考えですが、早い段階で先取り学習をしておくと、高校や大学で成績の良い学生になりやすいと言えます。このとき大切なのは、例えば「1年生で九九を完璧に覚えた」「簡単な割り算もできます」というものではなく、本質を捉えるような思考力も意識することだと言えるでしょう。

例えば、筆算の計算をする際に虫食い算を混ぜてみる、分数の学習をするならば豆腐など身近なものを利用してイメージを掴ませるなどの工夫をすると、先取り学習であっても知的好奇心を育てやすいです

東大を筆頭に、国公立大医学部、早慶など難関大学出身者の多い学びTimesの編集チームですが、ほとんどの人が小学生の時より学校より進んだ勉強を経験しており、知的好奇心が旺盛だったことが分かっています。

単純に「他の人よりも勉強ができる」というだけでなく、合わせて知的好奇心を伸ばす工夫をすると、これからの時代にも対応できる頭の良い子どもになりやすいと言えます。

\小学生利用者数No.1/

【口コミ・体験談】チャレンジタッチで先取りをした方の感想

ここでは、実際にチャレンジタッチを使って先取り学習をされているご家庭のリアルな口コミ・感想をみていきましょう。

チャレンジタッチの先取りに関する悪い評判

チャレンジタッチで先取りをされている方の中には、「先取りの制限が煩わしい」という感想を持たれる方もいらっしゃいました。

チャレンジタッチでは公文のように「自由にどんどん先取りで進める」といったことは難しいので、受講される際には注意が必要でしょう。

また、「遊び要素が多くて幼い子供だとゲームにばかり気が向いてしまう」といった声もみられました。

遊び要素は極力減らしておきたいとお考えのご家庭も、チャレンジタッチは要検討でしょう。

チャレンジタッチの先取りに関する良い評判

チャレンジタッチを使った先取り学習は、「アニメーション解説があるから親が指導しなくて良い」と口コミで評判でした。

先取り学習はどうしても内容が難しくなるので、紙の教材だと親がつきっきりで教える場面も少なくありません。

一方で、チャレンジタッチではアニメーション解説を見て子供が自分で理解できるので、子供一人でどんどん先取りを進めることができます

忙しくて子供の勉強を見る時間が取りにくいというご家庭には、チャレンジタッチは先取りにぴったりの教材だと言えるでしょう。

\小学生利用者数No.1/

チャンレンジタッチの先取りで親ができる工夫は?

頬杖をつく子ども チャレンジタッチで先取り学習をする際には、他にもタブレット学習特有の評判も気になるところではないでしょうか。

一例として挙げられるのが、「選択肢の解答が多いため、子どもが問題文をよく読まないまま勘で答えを出している」という悩みです。問題文だけでなく、間違えた際の解説についてもよく読まないので、結局は実力の定着に結びついていないという声も聞かれます

この悩みの回避方法としては、お子様の解答にかかる時間などをチェックするのも良いでしょう。例えば、算数の文章題でやや複雑な問題なのに、不自然に解答時間が短かったら、適当に数字を当てはめているだけなのかもしれません。

また、チャンレンジタッチタッチには「とき直し」機能も搭載されており、間違えた問題のみピックアップしてリトライできます。その際に「どこが間違っていたか、分かるかな?」などの声がけをし、しっかり間違いの原因が把握できているかを確認するのも、おすすめです。

\アニメーション解説が大好評!/

飛び級におすすめの他の教材は?

勉強する小学生 ここまで見てきた通り、チャレンジタッチを利用した先取り学習は可能です。ですが、「少しでも受験に備えた知識を身につけたい」「単なる先取りではなく、さらに発展的な内容にも取り組みたい」と考えているのであれば、他の教材を利用したほうが、効率が良い場合もあります

ここからは、未就学児と小学生のそれぞれに向けて、先取り学習に適した教材をご紹介します。

年少〜年長の先取り学習におすすめの教材

まずは、幼稚園や保育園に通う年少~年長のお子様の先取り学習に評判が高い教材をご案内しましょう。

こどもちゃれんじの紙教材

進研ゼミの教材の場合、タブレットよりも紙教材の方が先取り学習にも柔軟に対応しています。公式サイトでもQ&Aのコーナーで先取り学習については、「電話でお申し込みください」とあり、途中で本来の学年の教材に戻したり、下の学年の教材を取り寄せたりすることも可能です。

既に進研ゼミの教材に慣れ親しんでいる人には、この方法が最もおすすめです。新たに機器の操作なども覚える必要がないので、子どもにもストレスがかかりにくいでしょう。

Z会幼児コース

通信教育の中でも、難易度が高いことで知られるのがZ会です。

2~3歳児の段階から先取り学習をすることが可能であり、幼児期の教材は親でも十分に手助けができる難易度の教材だと言えます。

Z会幼児コースは、学習進度が早いわけではありません。ですが、年長コースでは簡単な文章題も出るなど、到達レベルが非常に高いのが特徴です。

これらの力は後々中学受験や小学校受験を突破するために必要な「思考力」のトレーニングになります。計算や漢字を覚えるだけでなく、応用力を身につけたい人には、Z会幼児コースが向いているでしょう。

Z会幼児コースについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

RISUきっず

RISUきっずは、算数に特化したタブレット学習の一つです。学年の枠に囚われず先取り学習が出来るだけでなく、特定の分野について知識を徐々に発展させながら学習するスパイラル学習も可能なので、思考力を高めるのにも役立つと評判が高まっています。

RISUきっずのKidsステージは12まで用意されています。ここで小学校1年生前半までの内容が先取りでき、75%もの受講者が学校の授業よりも進んだ単元の学習を行っていることからも、先取り学習には向いている教材だと言えるでしょう。

RISUきっずについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

小学生の先取り学習におすすめの教材

次に、小学生の先取り学習におすすめの教材をご案内します。

チャレンジ「集中思考力シリーズ」

チャレンジの紙教材の中でも、集中思考力シリーズに申し込むと、タブレット学習で不足しがちな応用力と思考力を身に着けやすくなります。しかも、追加費用もかかりませんから、チャレンジタッチだけでは物足りなさを感じている人にもおすすめだと言えるでしょう。

チャレンジタッチの「ゲーム感覚でスラスラ解けること」はメリットにもなりますが、問題文や解説文を深く読み込まない弊害もあります。より応用的な力を伸ばしたいと考えているのならば、こちらのプログラムの併用を検討してみましょう。

Z会小学生コース

年少~年長と同じように、Z会小学生コースも先取り学習を申し込めます。こちらは、公式サイトでも先取り学習を公に認めており、さらにスタンダードコースとハイレベルコースに分かれるなど、発展的内容の先取りも可能です。

ただし、Z会の通信講座自体は他の通信教材と比較してもかなり難易度が高いという評判を耳にすることも多いのではないでしょうか。実際に難しいと言う感想に出会うことも多く、理解に時間がかかることも予想されます。したがって、中学受験を意識するなど、学習意欲の高い子どもが挑戦するのにおすすめです。

Z会小学生コースについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

RISU算数

RISU算数は、学年にとらわれない算数や数学の知識を身につけられます。文章問題など応用問題も豊富で、単元ごとのスパイラル学習も可能ですから、高水準な数学的思考を低学年のうちから学べます。

「間違えた問題の振り返り機能」や24時間のサポート体制が整っているなど、算数が苦手な子どもから得意な人まで、自分のペースに合わせた学習もできると評判です。これらの機能を生かし、中学受験を考えている人が受験対策特化の塾に通う前の、下準備として活用するのも良いでしょう。

RISU算数についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

チャレンジタッチでの先取り学習まとめ

チャレンジタッチを使った先取りまとめ

  • 飛び級で設定することで先取り学習が可能

  • 学校の授業と進み具合が異なるので、先取りで油断しないことが大切

  • 問題の難易度は高くないので、応用的な知識を身につけるならば他の教材の利用も検討しよう

チャレンジタッチの先取り学習は、飛び級という形式で勉強することになるため、若干注意が必要です。

ですが、アニメーション解説があるので子供が一人で先取りできるなどタブレット教材ならではのメリットも多く、上手に子どもの好奇心を刺激できれば前向きに勉強できるきっかけになるでしょう。

まずはご家庭で学習スタイルについて良く話し合い、上手にチャレンジを利用してくださいね。

\資料請求で体験教材プレゼント!/

人気記事
  1. 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
  2. チャレンジタッチ先取り学習はリスクが多い?口コミと共にメリット・デメリットを紹介!