1. 幼児
  2. 【徹底比較】絵本の定期購読におすすめのサービスランキング12選!選び方のコツも紹介

【徹底比較】絵本の定期購読におすすめのサービスランキング12選!選び方のコツも紹介

更新日時 2020/12/15

「どんな絵本の定期購読があるの?」

「どの定期購読を選べば良いのか分からない」

このように絵本の定期購読サービスに興味があるものの、詳しいことが分からなくて困っている方はいませんか?

絵本の定期購読サービスでは定期的に子供におすすめの絵本をおうちに宅配してくれる嬉しいサービスです。

家まで宅配してくれるので、わざわざ自分で書店にいく必要が無くなるのは親御様にとっても嬉しいですよね。

そこでこの記事では絵本の定期購読の中から特におすすめの12社を徹底比較してランキング形式で紹介します。

この記事を読めば、どの絵本の定期購読を選べば良いのかだけでなく、絵本の定期購読を利用するメリットなども分かるはずです。

絵本の定期購読についてざっくり説明すると

  • 絵本の内容や対象年齢などが子供に合っている定期購読サービスを選ぶ
  • 利用金額だけでなく、絵本の配本数や送料なども確認する
  • 定期購読を使えば絵本を選んだり買いに行ったりする時間が省ける
目次
  • 定期購読用の絵本のおすすめの選び方

  • おすすめ絵本の定期購読サービスランキング12選!

  • 子供におすすめの絵本定期購読サービス比較表

  • 絵本の管理も非常に重要

  • 絵本を読むことによるメリットは?

  • 絵本の定期購読についてまとめ

定期購読用の絵本のおすすめの選び方

絵法定期購読選びのポイントの画像

絵本の定期購読サービスは様々な会社が行っており、内容や特徴もそれぞれ異なります。絵本の定期購読の利用を検討する際や、絵本を選ぶ際に注目すべきポイントを紹介します。

年齢別コース

絵本の定期購読は、子どもの年齢に合った絵本が送られてくる年齢別コースを用意していることが多いです。しかしサービスによって対象年齢となる幅が異なります。

利用を検討している定期購読サービスの対象年齢と、自分の子どもの年齢が合っているかをしっかり確認する必要があります。

また子どもの年齢が上がると、自動的に次の対象年齢のコースに更新されるシステムを採用しているサービスも多いです。自動更新なのか、自分で手続きをする必要があるのかも確認しておきましょう。

ハードカバーとソフトカバータイプの絵本がある

絵本にはハードカバータイプとソフトカバータイプがあります。それぞれの長所と短所を知っておけば絵本を選ぶ際の参考になります。

まずハードカバータイプの長所はなんといっても丈夫なこと。少しくらい子どもが煩雑に扱っても破れたり壊れたりしにくいです。しかしやや収納場所を取るというデメリットがあります。

ソフトカバータイプは薄くて柔らかいため、子どもでもページをめくりやすく収納もしやすいです。しかし柔らかいがゆえに、破れたり壊れたり落丁したりしやすいというデメリットがあります。

配本ペース・配本数を確認

絵本の定期購読サービスを利用するなら、月に何冊の絵本が届くのかを把握することも大切です。読むペースと配本数が合わないと、読むのが追いつかなくて読み切れない絵本が出てしまう可能性があります。

絵本の配本数は「1カ月に1冊」や「1カ月に2~3冊」など利用する定期購読サービスによって異なります。

月に1~3冊ほどの絵本を届けてくれるサービスが多いですが、どのタイミングで何冊の絵本が届くのかはしっかり確認しておきましょう。

送料はどのくらいかかるのか

利用料金を見るときは、割引や送料などについても確認しましょう。配本数や届く絵本によって費用は大きく異なります。しかし送料や消費税が含まれているのか、一括で支払うと割引があるのかなどでも料金が変わります。

送料は一回あたり300~500円程度かかることが多いので、特に注意しましょう。会社によっては一括払いや一定の金額以上なら送料が無料になることもあります。店頭で受け取れば送料がかからないこともあるので確認してみましょう。

絵本の種類・ジャンルは希望に促しているか

絵本の定期購読サービスを行っている会社ごとに、届く絵本のジャンルが異なります。長年多くの子どもに愛されているロングセラーの絵本を多く扱っているサービスなら、失敗しにくい傾向があります。

しかし中には自分では選ばないような絵本を届けてほしいという方もいます。そのような方は、自社のオリジナル絵本や新刊など配送しているサービスを利用してみるのがおすすめです。

それぞれのサービスはホームページ上でお届け予定絵本リストを紹介していることも多いので、届く絵本のジャンルが希望や好みに合うか確認してみましょう。

オプションコースもある

絵本の定期購読サービスは年齢別コースのほかに様々なコースを用意している会社もあります。科学の絵本や洋書を配本してくれるコースや、大人向けのコースもあるのでチェックしてみましょう。

また大人向けコースにはパパが読み聞かせるのにピッタリな絵本を送ってくれるものや、妊娠中のプレママにおすすめの絵本を送ってくれるものもあります。目的に合わせて利用してみてくださいね。

おすすめ絵本の定期購読サービスランキング12選!

本の上に座る女の子

ここからは数ある絵本の定期購読サービスの中でも、特におすすめの12社のサービスをランキング形式で紹介します。

1位:絵本ナビ「絵本クラブ」

ロングセラーの絵本を中心に配本されますが、マイナーな絵本の取り揃えもあり、絵本のレパートリーはかなり豊富です。さまざまな作者や出版社のハードカバータイプの絵本がバランス良く届きます。

年間購読料金は月平均2,300円ほどで他社よりも高めですが、読み終えた絵本の引き取りサービスがあり、不要な絵本の代わりにもらえるポイントで新しい絵本を購入できます。

送料は594円掛かりますが、一回あたり5,000円以上利用すれば送料は無料になります。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳〜小学6年生
その他コース パパ向けコース・大人コース・プレママコース
配本数 2~3冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 29,800円(税抜き)
送料 594円(税込)
入れ替えサービスの有無

2位:こそだてナビゲーション「ブッククラブ」

長年愛されている絵本や、全国の公立図書館から指示されている絵本などから、厳選した定番絵本をメインに届けてくれます。

絵本のコースだけでなく小学2年生以上を対象とした童話コースもあるので、小学生になっても利用を続けられます。絵本からのステップアップにもおすすめです。

定番本の扱いが多いため、すでに持っている絵本が配本リストに載っている可能性がありますが、事前に連絡すれば入れ替えてもらうことができます。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~7歳
その他コース 幼年~高学年童話コース・名作古典童話コース
配本数 2~3冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 27,200円(税抜き)
送料 200円(税抜き)
入れ替えサービスの有無

3位:クレヨンハウス「ブッククラブ「絵本の本棚」」

40年以上の実績を誇る定期購読サービスで、年齢別の絵本コース以外にも大人のための絵本コースや英語絵本コースなどたくさんのコースが用意されています。

新刊絵本コースもあるので、新しい絵本との出会いを求めている方にもおすすめです。

年齢別コースではロングセラーや話題作、季節に合わせた絵本など、幅広いジャンルから厳選された絵本が届きます。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~小学6年生
その他コース 大人のための絵本コース・新刊コース・英語絵本コースなど
配本数 1~2冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 24,200円(税抜き)
送料 390円
入れ替えサービスの有無

4位:福音館書店「福音館の月刊誌」

福音館が発行するソフトカバーの新刊絵本が月に1冊届きます。ものがたり絵本だけではなく、身近なことが学べる「かがくのとも」コースもあります。

絵本コースは0~6歳が対象ですが、小学3年生以上を対象とした「たくさんのふしぎ」コースや保護者向けの「母の友」コースがあるため、家族みんなで利用できます。

送料は条件によって異なりますが、書店受け取りを利用すれば送料が掛かりません。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~6歳
その他コース かがく絵本・母の友・たくさんのふしぎ
配本数 1冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 5,280円(税込)
送料 条件により異なる
入れ替えサービスの有無

5位:童話館「ぶっくくらぶ」

0歳から15歳という幅広い年齢層に対応しています。中学生まで長く利用したいと考えている方に特におすすめです。

会員になると毎月の絵本と一緒に会報誌が届き、絵本や子育てについてなどの情報が得られます。

またサポートセンターがあるため、「子どもが絵本に興味を示してくれない」「絵本を破ってしまう」など、困っていることに対して相談に乗ってもらえます。

項目 内容
年齢別コース 0歳~15歳
その他コース -
配本数 1冊または2冊/月(選べる)
年間の購読料金(3歳向け) 2冊/月で31,570円
送料 200円
入れ替えサービスの有無

6位:ワールドライブラリーパーソナル

30カ国以上の国や地域の絵本から厳選して、毎月1冊届けてくれます。定番の絵本よりも、少し変わった絵本を求めている方におすすめです。

何歳のコースでも毎月の料金は一律1,000円で、定価よりも安い金額で絵本を購入できるうえに、定期的にしかけ絵本も届けてくれます。

毎月様々な国の絵本が届くことで文化や多様性が学べるため、国際的な感覚を身に付けるのに役立ちます。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 1歳~7歳
その他コース -
配本数 1冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 12,000円(税抜き)
送料 200円(税込)
入れ替えサービスの有無 図書券等と交換

7位:メトロ書店「メトロブッククラブ」

赤ちゃん・幼児・小学生・ティーンエンジャー・大人と幅広い年齢に合わせた22コースが用意されています。送料は何冊注文しても変わりません。

大人コースには時代小説やミステリー小説などもありますが、大人が癒される絵本や、お父さんのための読み聞かせ絵本もあるので、親子で絵本を楽しんでみてはいかがでしょうか?

またメトロブッククラブでは、予算1万円で希望に応じた配本コースを提案してくれるサービスも行っています。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~小学6年生
その他コース 大人が癒される絵本・お父さんのための読み聞かせ絵本など
配本数 1~2冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 18,821円(税込)
送料 260円
入れ替えサービスの有無

8位:こぐま社「こぐまえほんクラブ」

0・1・2歳向けのコースしかありませんが、こぐま社のロングセラー絵本を中心に、発達段階に合わせて厳選された絵本が毎月1~2冊届きます。

送料が無料なうえに、毎月絵本と一緒に「えほんクラブ通信」も届きます。子どもが絵本を楽しむためのアドバイスや送られてきた絵本の解説などが載っているため、さらに深く絵本を楽しめます。

申し込みをするとこぐま社の大人気シリーズのキャラクターが描かれた「こぐまちゃんビニールポーチ」がもらえます。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~2歳
その他コース -
配本数 1~2冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 18,040円(税込)
送料 0円
入れ替えサービスの有無

9位:フレーベル館「おうちでキンダーブック」

おうちでキンダーブックには動植物の観察や生活習慣などが総合的に学べる「キンダーブック」と、絵やストーリーが楽しめる「おはなし絵本」があります。12社の中で購読料金がもっとも安いサービスです。

1冊がお手頃な価格なうえに、複数のコースを利用しても送料が変わらないため、コースを組み合わせて利用するのもおすすめです。

おはなし絵本は日本昔話や歌など、毎月1冊色々なジャンルのストーリーが届きます。年に5回しかけ絵本も届くので、子どもの多様な好奇心にも応えてくれるはずです。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 1歳~6歳
その他コース しぜん-キンダーブック(化学絵本)・おはなし絵本
配本数 1冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 4,800円(税込)
送料 240円(税込)
入れ替えサービスの有無 -

10位:おおきな木「おおきな木ブッククラブ」

絵本・童話・児童書を中心に扱っている書店が行っているサービスで、明るくてユーモア溢れる絵本を中心に毎月1冊の絵本を届けてくれます。

ロングセラーの名作絵本から個性豊かな絵本まで、幅広い絵本の中から厳選してくれるため、様々な絵本と出会えます。

もしすでに持っている絵本があったら差し替えてもらえるので、まずは配本リストをチェックしてみてくださいね。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~小学6年生
その他コース -
配本数 1冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 15,100円(税抜き)
送料 275円(税込)
入れ替えサービスの有無

11位:金の星社「ブッククラブ」

金の星社が出版している人気の絵本が毎月1冊届きます。年齢別コースのほかに絵本作家のいもとようこさんが挿絵を描いた絵本が届くコースや、おさるのジョージのアニメ絵本が届くコースがあります。

いもとようこコースには名作絵本や日本むかしばなしなど、5つのコースが用意されていて、初回には、いもとようこさんの絵が描かれたシールやポストカードなどがもらえます。

年齢別コースにも申し込み特典があり、誕生日にはバースデーカードが届きます。また初回商品到着時に年間購読料を一括払いすると送料が無料になります。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~小学6年生
その他コース いもとようこコース・おさるのジョージコース
配本数 1冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 15,250円(税抜き)
送料 210円(税込)
入れ替えサービスの有無

12位:メリーゴーランドのブッククラブ

ほかの会社のサービスと同じように、決まられた配本リストから毎月1冊の絵本が届く年齢別コースのほかに、店長やスタッフが一人ひとりの年齢や好みに合わせて本を送ってくれるコースがあります。

決められた絵本が送られてくるのは手軽ですが、より好みに合った絵本を届けてほしい方に特におすすめのサービスです。

誕生日やクリスマスにプレゼントが届くのも嬉しいサービスも付いています。

主な評価項目

項目 内容
年齢別コース 0歳~10歳前後
その他コース ひげのおっさんコース・新刊コース・おまかせコース
配本数 1冊/月
年間の購読料金(3歳向け) 16,280円(税込)
送料 200円~
入れ替えサービスの有無

子供におすすめの絵本定期購読サービス比較表

吹き出しを指さす手

上記で紹介した絵本の定期購読サービスを表にまとめました。

それぞれのサービスを比較すると、特徴はサービスごとに大きく異なることがわかります。

商品名 年齢別コース オプションコース 配本数 送料 特徴
絵本クラブ 0歳〜小学6年生 大人・パパ・プレママ向け 月2~3冊 594円 バランスの良い人気絵本サービス
ブッククラブ 0歳~7歳 幼年~高学年童話コース・名作古典童話コース 2~3冊 200円 ロングセラー絵本や図書館の推薦図書から厳選
ブッククラブ「絵本の本棚」 0歳~小学6年生 大人のための絵本コース・新刊コース・英語絵本コースなど 1~2冊 390円 話題作や季節ものなど幅広い字ジャンルの絵本が届く
福音館の月刊誌 0歳~6歳 かがく絵本・母の友・たくさんのふしぎ 1冊 条件により異なる 福音館の新刊絵本が届く
ぶっくくらぶ 0歳~15歳 - 1冊または2冊 200円 サポートセンターや保護者向けの会報誌が用意されている
ワールドライブラリーパーソナル 1歳~7歳 - 1冊 200円 30カ国以上の国や地域の絵本から厳選
メトロブッククラブ 0歳~小学6年生 大人が癒される絵本・お父さんのための読み聞かせ絵本など 1~2冊 260円 コースが豊富で0歳から大人まで利用できる
こぐまえほんクラブ 0歳~2歳 - 1~2冊 0円 こぐま社のロングセラー絵本が届く
おうちでキンダーブック 1歳~6歳 しぜん-キンダーブック(化学絵本)・おはなし絵本 1冊 240円 12社の中でもっとも安い
おおきな木ブッククラブ 0歳~小学6年生 - 1冊 275円 明るくてユーモア溢れる絵本が届く
ブッククラブ 0歳~小学6年生 いもとようこコース・おさるのジョージコース 1冊 210円 金の星社が出版している人気絵本が届く
メリーゴーランドのブッククラブ 0歳~10歳前後 ひげのおっさんコース・新刊コース・おまかせコース 1冊 200円~ 個人の好みに合わせて本を送ってくれるコースがある

絵本の管理も非常に重要

本棚に並んだ本

定期購読を利用すると定期的に絵本が届くため、絵本の管理に気を使う必要があります。

収納場所も用意しておく必要がある

毎月絵本が届くため、溜めたり適当に管理したりしていると、どれを読んでどれを読んでないのか分からなくなってしまう可能性があります。

毎月増えていく絵本をしっかり整理整頓できるように、収納場所を確保しておく必要があります。収納場所がない場合は、絵本を管理しやすい収納棚などの購入を検討しましょう。

しっかりと絵本を管理することで、同じ絵本を買ったり、似たような絵本ばかり買ったりするのを防げます。

入れ替えサービスをうまく活用しよう

すでに持っている絵本が届いたら、料金が無駄になるし保管場所を取ってしまうと心配する方もいるでしょう。

しかし中には、配本予定の絵本をすでに持っている場合は、他の絵本と入れ替えてくれる会社もあります。たくさんの絵本を持っている方は、入れ替えサービスがある会社を選ぶと安心です。

またホームページで配本予定リストを公開している会社もあるので確認してみましょう。

絵本を読むことによるメリットは?

羊のぬいぐるみ

ここでは絵本を読むことで期待できる効果や、定期購読を利用するメリットについて紹介します。

絵本の定期購読サービスを利用することによるメリットは?

まずは絵本の定期購読を利用するメリットについて見ていきましょう。

絵本は毎年たくさん発行されている

新しい絵本は毎年次から次へと登場していて、1年間になんと1,400冊以上の絵本が出版されています。毎年これほど多くの新刊絵本が登場していたら、選ぶのも一苦労。

しかし「じゃあロングセラーの定番絵本から選ぼう」と思っても、その数も膨大にあるため、自分で選ぶのはやはり簡単ではありません。

様々な絵本を読むことが可能

書店などで絵本を選ぶとつい子どもや親の好みの絵本を選びがちです。まったく新しいジャンルの絵本を手にすることは少ないですよね。

その点、絵本の定期購読サービスなら定期的に様々な絵本が届くため、自分では絶対に選ばないような新しいジャンルの絵本にも自然に出会えます。

自分で選ぶ必要がない

親が絵本を選ぶと「子どものためにどの絵本を選ぶのが最適なのだろう」などと、いろいろ考えてしまうため時間が掛かってしまいます。また手に取って見たい場合は、書店などに出掛けなくてはいけません。

その点、絵本の定期購読コースを利用すればプロが選んだ本が届くため、選んだり出掛けたりする時間が節約できます。

定価よりも安く読める可能性も

絵本の定期購読サービスの中には、定価よりも安い値段で絵本を提供している会社もあります。

会社によってはホームページ上で配本リストと一緒に、定価と比較してどのくらい安いかを載せているところもあるので確認してみましょう。

絵本の読み聞かせの効果

絵本を読むことで語彙力が増加したり、想像力や感受性が豊かになったりと、言葉や思考力が獲得できます。また落ち着いて静かに本を読む習慣が身に付けば、集中力が高まることも期待できます。

このような力は、小学生・中学生になっても役立つかけがえのない力になることでしょう。

また親子で同じ絵本を読めば会話のネタが増えるため、コミュニケーションを深めるのにも役立ちます。読み聞かせをして同じ絵本の世界を共有すれば、さらに心が通じやすくなるはずです。

通信教育で絵本も読める!

しまじろうが有名なこどもちゃれんじは、基礎学力を身に付けるワークのほかに、絵本教材も豊富にあります。絵本はすべてこどもちゃれんじオリジナルの書き下ろしで、季節や子どもの年齢に合った絵本が届きます。

しまじろうが登場する絵本だけでなく、絵本作家が書いた絵本、写真を使った絵本など、様々な絵本に出会えます。利用者からは絵本のクオリティが高いと大変好評です。

資料請求では、お試し絵本教材も無料で読むことができますので、絵本も読みつつ幼児教育も行いたいと考えている方は一度以下のボタンより公式サイトに移動してみましょう。

\資料請求で体験教材プレゼント!/

“”

絵本の定期購読についてまとめ

絵本の定期購読についてまとめ

  • 絵本の定期購読サービスを利用するときは、料金だけでなく送られてくる絵本のジャンルや配本数なども確認する
  • 入れ替えサービスがある定期購読を選べば、持っている絵本と被った時も安心
  • 定期購読を利用すれば絵本を選ぶ時間を節約できるうえに、定価より安く絵本を買えることもある

絵本の定期購読サービスは、実施している会社によって選ぶ絵本の傾向や特徴が異なります。料金だけで比較せずに、必ず配本数や送料などの詳しい内容を確認しましょう。

今回は絵本の定期購読サービスから特におすすめの12社を比較しました。ぜひ今回の記事を参考にして、条件に合う絵本の購読サービスを見つけてくださいね。

人気記事
  1. 幼児
  2. 【徹底比較】絵本の定期購読におすすめのサービスランキング12選!選び方のコツも紹介