1. 幼児
  2. 幼児期の英語教育は効果ある?早期教育のデメリットや必要性・おすすめ勉強法まで解説!

幼児期の英語教育は効果ある?早期教育のデメリットや必要性・おすすめ勉強法まで解説!

更新日時 2020/11/09

「幼児期の英語教育って重要なの?」

「幼児期から英語教育を施すメリットはあるの?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

近年は小学校でも英語教育が義務化されるなど、子供の英語教育の重要性が高まっています。

早期から英語を学ぶことで将来的にグローバルに活躍できる可能性を高めることができますが、必要性を疑問視する方がいるのも事実です。

こちらの記事では、幼児期から英語教育を行うメリットや具体的な学習方法、また問題点や弊害などについて詳しく解説していきます!

幼児期の英語教育についてざっくり説明すると

  • 日本人の英語力の低さは問題視されている
  • 小学校から英語を学ぶカリキュラムになっているので、その前から準備するのは非常に有意義
  • 幼児期から英語を学ぶメリットは非常に大きい
  • デメリットもあるため、注意
目次
  • 幼児の英語教育は効果ある?

  • 日本における英語早期教育は進んでいる?

  • 幼児期における早期英語教育のメリットは?

  • 早期英語教育のデメリットは?

  • 英語学習は後回しでも良いの?

  • 幼児期の英語学習の際に重要となるポイント

  • 幼児期におすすめの英語教材は?

  • 幼児期におけるおすすめ英語の勉強法

  • 幼児期の英語教育まとめ

幼児の英語教育は効果ある?

かわいい赤ちゃん

保育園や幼稚園に通う幼児期の子供に対して、英語教育をやらせるべきか否かで迷う保護者は多くいます。

もちろん、幼児期から英語教育をやることで英語を学ぶことに対する抵抗が薄れるなどのメリットがありますが、一方で早期から英語教育を行うことによるデメリットも存在します。

また、早期に英語教育を行う場合でも正しい方法で教育を行わなくては意味が無いため、注意が必要です。

むしろ、間違った英語教育をしてしまうとデメリットの方が大きくなってしまうこともあるので、慎重に検討・実行する必要があります。

まずは、日本の英語教育事情について紹介していきます。

日本の英語教育の現状

日本人の英語力は低い

残念ながら、先進国の中でも日本はかなり英語力が低いと言われています。

総理大臣ですら通訳を交えないと首脳会談ができない様子を見ると分かる通り、英語を話せる人は日本において稀です。

しかし、日本人の英語力が低いのは、決して日本人が馬鹿だからという理由ではありません。

英語以外の分野においては非常に日本人は優秀であるとされているため、誤解しないようにしましょう。

なお、日本人が英語を苦手としている理由の一つに「英語と日本語の文法ルールの違い」が挙げられます。

また、中学や高校ではリーディングやリスニングを重視しているため、英語を話す能力が鍛えられないことも理由の一つと言えます。

アジアの国と比較すると?

次に、アジアの近隣諸国と日本人の英語力を比較してみましょう。

結論から言うと、日本人の英語力はアジアの29カ国の中で、下から3番目というかなり悲惨な状況です。

ちなみに、中国では小学三年生から英語教育が始まり、韓国でも同様に小学三年生からスタートしています。

タイでは小学一年生から英語の勉強がスタートしているため、日本の英語学習に対する意識はかなり低いことが分かります。

このように「日本人の英語力は世界的に見てもかなり悲惨」であることをまずは念頭に置いておきましょう。

日本における英語早期教育は進んでいる?

勉強する子供

実際に、小学校低学年や中学年から英語を取り入れて英語力が向上しているという実例もあります。

また、最近では英語学習に熱心な幼稚園も増えています。

日本人の英語力の低さはかなり問題視されているため、日本における英語の早期教育は進みつつあります。

そもそも早期教育っていつまで?

そもそも「早期教育」とは何歳くらいを指すのでしょうか?

早期教育について知る前に、まず言語の臨界期について知っておく必要があります。

そもそも、臨界期とは「人間が何かの能力を習得しようとするときには適切な時期があり、それを逃すといくら努力をしても限界がある」という考え方のことです。

一般に言語の臨界期は9歳までと言われているため、保育園や幼稚園に通っているくらいの早い段階で言語学習に着手した方が有利というわけです。

小学校での英語必修化

以前は英語の勉強を開始するのは中学校からでしたが、2008年度に小学5・6年生を対象に外国語活動として小学校の英語教育が開始されました。

次の段階として、2011年から小学五年生から英語が必修科目とされました。

さらに、2020年度からは小学三年生から英語が必修化されることになっており、日本においても英語の早期教育は始まっています。

日本でも英語教育の早期化は進んでいるとはいえ、早い段階から勉強した方が理解も進みやすいため、幼児期から英語教育を行うことは非常におすすめです。

文部科学省の方針を紹介

ここでは、英語の早期教育に関する文部科学省の方針ついて紹介していきます。

文部科学省でも「グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である」としています。

英語でのコミュニケーション能力が低いことを懸念しており、今後は小学・中学・高校で連携して総合的な四つの英語力を身に付けることが目標とされています。

つまり、国を挙げて英語力の強化に取り組んでいく姿勢を鮮明にしているので、英語学習を先取りするためにも幼児期から英語を学ぶことを非常に有意義なのです。

将来的な目標英語力は?

文部科学省で定められている方針によると、高校を卒業する段階で目標とする英語力を以下のように示しています。

  • 英検2級から英検準一級

  • TOEFL iBT60点前後

なお、中学校を卒業する段階での目標は以下の通りです。

  • 英検3級程度の力を持つ人が50%以上

このように、徐々に英語力を高めるために教育現場にも様々な指針が示されているため、参考にすると良いでしょう。

語学ビジネス市場の規模は拡大している

英会話教室などの語学ビジネス市場は毎年拡大しており、この点からも英語の必要性が高まっていることが分かります。

そもそも語学ビジネス市場とは、e-learning事業・通信教育・語学学習教材販売・幼児や子供向け外国語教室を指します。

2019年度のデータを見てみると、2018年度に比べて総市場規模が2.3%増加したという結果が得られています。

今後もますますグローバル化が進んでいくと考えられるため、語学ビジネスの市場はこれからも拡大傾向にあると考えられます。

これにより、英会話教室や子供向け英語教室が増えることが予想されるため、英語教育はより身近なものになるでしょう。

幼児期における早期英語教育のメリットは?

ミニオンの画像

こちらのトピックでは、早期に英語教育を行うことのメリットについて紹介していきます。

簡単に第二言語を取得できる

保育園や幼稚園に通う年代の幼児期は脳が柔軟なので、物事を覚えるスピードが非常に早く、言語の勉強をすればするほど取得しやすいです。

臨界期に当たる幼児であれば尚更取得は容易になるため、スムーズに第二言語を習得できるでしょう。

年齢が上がるにつれて日本語の文法に慣れてしまい新たな言語を取得する難易度は高くなってしまうため、早い段階から英語を学ぶメリットは非常に大きいと言えます。

英語耳を取得できる

幼児期に英語を勉強することで、自然と英語に親しむことができ英語耳を習得することが可能になります。

この英語耳は英語脳とも同意義であり、英語を聞いてから脳内で日本語に変換せずとも、英語のまま理解できるようになるレベルを言います。

日本語と英語は文法をはじめとしてルールがかなり異なるため、日本語から英語へ変換してから理解しようとすると時間がかかってしまいます。

英語を聞いてそのまま英語の状態で理解できれば非常にスムーズなので、英語耳を身に着けることは非常に価値があるのです。

英語に対する抵抗感がなくなる

歳を重ねるにつれて、新しいことを覚えることに抵抗を覚えるものです。

小学校での英語必修化が早まるなど、国の方針でも英語の早期教育は始まっているものの、学校での英語教育は強制的に英語をやらせている感が否めません。

また、科目として成績が付けられることから、能動的ではなく受動的に渋々勉強する生徒も多いでしょう。

その反面、自発的に楽しく英語を学ぶためにも、幼児期の英語教育は効果的です。

早くから英語に親しむことで英語に対する抵抗感が無くなり、小学校の英語の勉強もスムーズに進めることができるのです。

大人になった時の無限の可能性

大人になってから英語を習得しようとしても、なかなか上手くいくケースは少ないです。

実際に英語力を身に着けた状態で大人になるのと、全く身に着いていない状態で大人になるのとでは、その人の可能性は大きく異なります。

多様性が身につくこと

英語学習を通じて、異文化についての理解を深めることができます。

日本は島国なので異文化と触れる機会が少なく、歴史的にもある程度閉鎖的であることは否めません。

英語に親しむことで様々な表現を学ぶことができるだけでなく、日本以外の文化や風習を知り多様性を身に着けることができるでしょう。

多様性が身に着くことで様々な物事を柔軟に見ることが可能になるため、様々なメリットがあります。

言語独特の感性が身につくこと

英語は日本語とは違って直接的な表現をすることが多かったり、感情表現を大きく示すなどの傾向があります。

日本人は謙虚だったり引っ込み思案だと思われがちですが、日本人が英語を取得することで性格に少し変化が生まれたりすることもあります。

このように、自分の感性を磨いたり新しい価値観を身に着けることにも繋がるので、自分の可能性を広げることができるでしょう。

海外で働けるチャンスも

日本語と英語を話せるようになることで、当然のことながら海外で働けるチャンスも広がります。

海外進出する企業は年々増えており、英語を習得することで自分のキャリア選択の幅が広がるのです。

英語を話すことができる人材は非常に貴重なので、高待遇で就職できたりスケールの大きな仕事を任されるなど、自分の価値を高めることにも繋がります。

多くの人とコミュニケーションをとることが可能

日本語は日本でしか使用されていない言語であるため、非常にコミュニティは狭いです。

しかし、英語は世界共通の言語であるのため、英語を取得するだけで世界中の人とコミュニケーションを取ることができるようになります。

大人になってから海外旅行に行った際に「もっと英語を勉強しておけば良かった…」と後悔する方は非常に多いので、全世界の人達と楽しくコミュニケーションを取るためにも英語を学ぶ意義は大きいのです。

早期英語教育のデメリットは?

勉強する女の子

こちらのトピックでは、逆に早期の英語教育を行うことによるデメリットについて紹介していきます。

ダブルリミテッドになってしまう恐れ

幼児期から英語教育を行うことにより、ダブルリミテッドになってしまうというデメリットがります。

そもそも「ダブルリミテッド」とは、二カ国以上話すことはできるものの、どの言語も適切な言語レベルに達していない状態のことを指します。

つまり、どの言語も中途半端な知識しか身に着けることができず、円滑なコミュニケーションを取ることができない弊害が発生するリスクがあるのです。

こうなってしまうと論理的思考を十分に行うことができない恐れがあるため、要注意と言えます。

日本人としてのアイデンティティ喪失の恐れ

多様性を身に着けることは良いことですが、その反面、日本の独特の文化への理解や愛国心が薄れてしまうという問題点も考えられます。

日本人の文化や礼儀作法は世界から高い評価を受けているため、日本人でありながらそのような作法・アイデンティティを失ってしまうのはもったいないです。

日本人としての良い文化やアイデンテンティを保ちつつ他文化への理解もできるようになるのが理想ですが、それが英語を学ぶ上でストレスになってしまう危険もあるので要注意です。

遊ぶ時間が少なくなってしまう

日本に住んでいると、当然のことながら周囲には日本人しかいません。

このような環境だと、時間を割いてでも英語の勉強を行う必要性が出てくるため、幼児の子供がやるような遊びを十分に行うことができなくなってしまう可能性があります。

子供は遊ぶことが仕事であり、無理に勉強を課してしまうのは可哀想です。

幼児期の子供にとって、遊ぶことは成長するためにも重要な要素であることをまず理解しておきましょう。

遊びながら英語を学ぶという姿勢で英語に触れることでストレスなく学習できるため、「子供が楽しめているかどうか」をしっかりとチェックしましょう。

英語学習は後回しでも良いの?

振り返る学生

前述したように、政府の方針でも英語学習の早期化が進んでいます。

そのため、「わざわざ幼児期から英語学習をする必要はない」という意見があるのも事実です。

英会話と英語学習は異なる

まず、前提として英会話と英語学習は大きく異なることに留意しましょう。

幼児期における英語学習と聞くと、多くの方が英会話を身に着けることをイメージしますが、ここで注意するべきポイントがあります。

英会話を身に着けることに主眼を置いてしまうと、目標が「英語を話せること」になってしまいます。

英語はあくまでもコミュニケーションの手段であり、英語が話せるというだけで大きな意味はありません。

英語学習の意義は「しっかりと思考できる」「論理的思考力を身に着けるようなトレーニングを経て、その後に英語という言語を取得する」ことにあります。

つまり、目的と手段が逆になってしまうような英語学習を幼児期に行ってしまうのは問題なので、気を付けましょう。

単に「英会話ができるようになってほしい」という理由で学習させるのであれば、わざわざ幼児期に英語学習を行う必要はなくありません。

むしろ、遊ばせてあげたり子供が熱中しているものをやらせてあげた方が遥かに有意義です。

右脳のみで学習をしている幼児

人間の脳は右脳と左脳に分かれていますが、右脳は感覚や直感での判断力を司っている一方で、左脳は言語や論理性を司っています。

幼児期の子供は右脳のみが発達していて左脳はまだまだ未熟な状態であるため、幼児期における英語学習は右脳だけで学習していることになります。

しかし、成長するにつれて徐々に左脳が発達し、基本的に左脳を使用して日常を過ごすようになります。

こうなると、幼児期に右脳で学習していた英語を忘れてしまうという恐れがあるため、せっかく学んだ内容が無駄になってしまう危険を孕んでいます。

このように、幼児の脳の特性を理解した上で英語学習を行うべきか判断しましょう。

幼児期の英語学習の際に重要となるポイント

リンゴとハート

聞く・話す力に特に力をいれる

幼児期の英語学習では、感覚的に言語を習得することができるというポイントをしっかりと意識する必要があります。

大人とは違って幼児期は「感覚的に」物事を理解することができます。

特に、聞いたり話したりするコミュニケーション力は成長するにつれて身に着けることが非常に難しくなるため、聞く・話す力に特に力を入れると良いでしょう。

とにかく日常生活に英語を取り入れて、英語を子供自身に話し聞かせてあげることが効果的な学習方法です。

この際、文法や表現の正誤などの細かいポイントにはこだわらず、とにかく子供に好きなようにやらせてあげることもポイントです。

親も積極的に関わる必要がある

「子は親の背中を見て育つ」とも言いますが、幼児期の子供にとって親子で楽しめる経験をすることは非常に重要です。

子供は親と一緒に何かをできることに関して喜びを感じる生き物なので、ぜひ親も積極的に英語学習に関わっていきましょう。

これは英語の勉強に限った話ではなく、何事にも一緒に取り組んであげることで飽きにくく何事も継続する力が身に着きます。

親がつまらなそうに何かをしていても子供は一緒になって参加しようとは思わないので、ぜひ親子で楽しく学習してみてください。

子供の自主性を重んじる

子供の好奇心をしっかりと出してあげるように、自主性を尊重する姿勢も重要です。

能動的ではなく受動的に学習する構図になってしまうと、せっかくの幼児期の好奇心を台無しにしてしまう可能性があるため注意が必要です。

子供は何事にも興味を持つため、自主的な好奇心を引き出してあげることができれば長期的に英語を学習することも可能です。

つまり、親は強制的にやらせるのではなく一緒に参加したり楽しむ姿勢を示すことが重要なのです。

継続しなくては意味がない

幼児期から英語学習を行う場合は、継続して英語を学習できるような学習習慣を身に着けさせることも非常に重要です。

「継続は力なり」という言葉もある通り、長く継続することで着実に力となるのです。

そのためには、英語が楽しいと感じてもらえるように親がアプローチすることも大切です。

具体的には、小学校でも使えるような教材を選んだり、小学校でのカリキュラムに合わせて学習計画を立てるなどの対策をしてあげると良いでしょう。

その際には「子供に無理強いはしていないか」「楽しみながら学べそうかどうか」をしっかりと念頭に置きましょう。

幼児期におすすめの英語教材は?

マーカーと教科書

絵本の効果は?

幼児期におすすめの英語教材の一つとして、絵本の教材を使用して学ぶことが挙げられます。

絵本は子供が親しみやすいイラストで描かれている上に、絵本の読み聞かせが好きな子供は非常に多いため、楽しみながら学ぶにはピッタリです。

英語の音声が流れる絵本も多く売られているため、音声を聞きながらストーリーを楽しむこともできます。

英語文化への理解にもなるため、絵本を使って英語学習をするのは非常におすすめです。

CDやDVDでネイティブの音声を学ぶ

CDやDVDでも子供向けの教材が多く出ており、家でネイティブの英語を聞けるという点で非常におすすめです。

子音で終わる言語や、大人でも区別が難しい「r」と「l」の発音の違いなどを聞かせることは非常に有意義な学びとなります。

この際にも、ただ流すだけでなく親が積極的に関わってあげましょう。

親が一緒になって学習することで子供のモチベーションが持続するため、ぜひ大人も楽しみながら学習しましょう。

カードを使用して楽しく学ぶ!

ある程度の語彙力も身に着けさせるのにおすすめの教材が、文字タイプのカードです。

イラスト付きのカードなどであればよりイメージしやすく、ゲーム感覚で楽しむことが可能です。

カードの教材はインプットもアウトプットも可能なので、ぜひ親子で楽しく英語学習をしていきましょう。

幼児期におけるおすすめ英語の勉強法

喜ぶ子供

こちらのトピックでは、幼児期におけるおすすめの英語教育方法について紹介していきます。

これまでに紹介した幼児期における英語教育のメリット・デメリットを踏まえた上で、各勉強法の特徴を参考にしてください。

イマージョン教育

イマージョン教育は子供にとっての教育法で有名なもので、外国語を一つの教科として学ぶのではなく、あくまでも手段として活用してその他の教科を学習する教育方法を指します。

イマージョン教育では、幼児期から英語を使う環境に身を置き、教科学習と外国語学習を同時に行っていきます。

子供は論理的に考えて理解するよりも感覚や直感で学ぶことが多いため、文法などを学ぶよりも実際に英語で会話している様子を見せた方が効果的なのです。

しかし、親に英語力がなければそのような自然な形で英語コミュニケーションを取るのは難しいので、一般的な家庭で行うのは現実的ではありません。

そこで、以下では家庭以外でイマージョン教育が可能な環境についていくつか紹介していきます。

英会話教室

英会話教室では基本的にコミュニケーションのすべてを英語で行うため、自然と英語漬けの環境に身を置くことができます。

また、同じの年齢層の子供と一緒に定期的にレッスンすることで、友達を作りながら英語に触れることが可能です。

しかし、英会話教室でも毎日授業があるわけではなく、週に数回しか行わない場合がほとんどです。

そのため、毎日英語漬けにすることはできず、英語に慣れる程度の目標しか達成できない可能性がある点には注意が必要です。

インターナショナルスクール

最近では、日本人の子供がインターナショナルスクールに通うケースが増えています。

インターナショナルスクールでは常に英語が飛び交うような環境で過ごすことができるので、日本で暮らしていながら英語力の向上が期待できるでしょう。

しかし、年間での学費は非常に高く、富裕層の方でなければ通うのは難しいです。

そのため、誰にでも安易におすすめできるような選択肢ではないため、あくまでも選択肢の一つとして知っておくに留めておきましょう。

通信教育

上記で紹介した勉強法とは大きく異なる点としては、以下の二点が挙げられます。

  • 通学する必要がない
  • 費用があまりかからない

特にこどもちゃれんじEnglishでは、1歳という早期から英語学習に取り組むことができます。

実際の教材は通常のワークのほかDVDを使った学習もできますので、楽しく英語を学べるでしょう。

興味のある方は一度無料の資料請求をしてみることをおすすめします。

\資料請求で体験教材プレゼント!/

“”

幼児期の英語教育まとめ

幼児期の英語教育まとめ

  • グローバルに活躍するためにも、幼児期からの英語学習は有意義
  • 子供が楽しみながら学べるように工夫しよう
  • 親も積極的に英語学習に参加すると良い
  • 市販でも様々な学習方法があるので、色々試してみよう

保育園や幼稚園に通っていると、なかなか英語学習まで手が回りません。

しかし、この頃の年代から英語学習を始めることでスムーズに勉強することができるので、ぜひ積極的に取り入れてみてください。

また、勉強の主体は子供なので、子供が楽しめるように工夫して親も一緒に参加するようにしましょう。

こちらの記事を参考にして、健やかな成長をサポートしてあげてください。

人気記事
  1. 幼児
  2. 幼児期の英語教育は効果ある?早期教育のデメリットや必要性・おすすめ勉強法まで解説!