1. 幼児
  2. 【幼児期】賢い子の特徴は?遊びの重要性や賢い子に育てる方法を現役塾講師が解説!

【幼児期】賢い子の特徴は?遊びの重要性や賢い子に育てる方法を現役塾講師が解説!

更新日時 2020/11/09

「幼児期の賢い子の特徴はあるの?」

「幼児期にどのような遊びをさせてあげると賢い子になるの?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

幼児期は脳の発達が盛んな非常に重要な時期で、この頃の過ごし方次第で賢い子になるかが決まると言っても過言ではありません。

幼児を抱えている親御さんにとって、どのような遊びや過ごし方をすれば賢い子になれるのか、気になりますよね。

こちらの記事では、幼児期のおすすめの過ごし方や賢い子の特徴について解説していきます!

賢い子の特徴についてざっくり説明すると

  • 「勉強ができる=賢い」ではない
  • 子どもの好奇心を邪魔してはいけない
  • 自分で考えさせる習慣作りが需要
目次
  • 賢い子の定義って何?

  • 幼児期の賢い子供の特徴

  • 家庭の経済状況は子供の賢さに影響する?

  • 漫画で学ぶのは効果的?

  • 賢い子どもに育てるための方法は?

  • 賢い子の特徴まとめ

賢い子の定義って何?

ドヤ顔の子ども

そもそも、「賢い」とはどのような状態なのか、見てみましょう。

賢いの意味は多様

「賢い」という言葉の意味は多様で、いわゆる「勉強ができる」という意味でも「物事をうまくこなせる」こいうニュアンスを含むときにも使われる言葉です。

このように「賢い」という言葉は具体的にどのような能力を指しているのかあいまいであり、時代によって解釈は変化します。

つまり、決してテストで高得点をマークしている子どもだけが「賢い」ということではありません。

今の時代の賢いってどういう意味で使われている?

現在はAI技術の発達が目覚ましく、多くの作業が人間に代わってAIロボットが行うようになってきています。

今後もこのAI化の流れは進んでいくと考えられており、人間にしか行うことができないスキルを身に着けることが重要視されています。

つまり、現代社会に求められている「賢さ」とは、単なる知識量の多さではありません。

思考力の重要性が高まっていることから、柔軟な発想ができたり、物事の本質を捉えた提案を行うなど、人間にしかできない能力を高いクオリティで備えている人が「賢い人」と言えるでしょう。

幼児期の賢い子供の特徴

仲のいい二人

好奇心旺盛で知りたがり

賢い子の特徴として、とにかく好奇心旺盛なことが挙げられます。

好奇心が旺盛な子は疑問を抱きがちで、自然と思考力が養われていきます。

このように、好奇心があり好きなことに一生懸命取り組む子どもは、好奇心を満たすために自分の知りたいことを積極的に学ぼうとする傾向にあります。

そのため、調べる力や考える力が鍛えられて自然と賢くなっていくのです。

こうした熱中体験は大人になってからも非常に役立つため、幼児期の過ごし方は非常に重要と言えるでしょう。

辞書や図鑑を活用しよう

辞書や図鑑などは、子どもの脳の発達に非常に良い影響を及ぼします。

辞書や図鑑があれば疑問があってもすぐに調べることができるので、ポケット図鑑や小さな辞書を持ち運ぶと便利です。

疑問が発生したらすぐにその場で確認することがおすすめなので、その場で子ども自身に調べさせる習慣を身に着けさせると良いでしょう。

素直な性格の持ち主

賢い子になるためには、性格の良し悪しも重要です。

素直な子どもは変に高いプライドが無いため、自分が知らないことがあればすぐに聞いたり調べたりすることができます。

また、間違いがあっても素直に受け入れることができるので、間違えを指摘された時でもしっかりと受け止めて自分の知識をして吸収することができるのです。

やりたいことや将来の夢が明確

幼稚園生くらいになると様々な知識も身に着いてくるので、やりたいことや将来の夢を持つようになってきます。

例えば「消防車になりたい」「ピカチュウになりたい」など、幼児期にありがちな変な夢だったしても、「何かになりたい」「こんなことがしたい」という目標を持つことが重要なのです。

このように目標が明確な子どもは実行力が高く、目標を達成するためにたくさんの知識を学ぼうとするため、伸びやすいのです。

家庭の経済状況は子供の賢さに影響する?

ミニオンたち

現実として経済状況によって学力格差は生まれている

日本財団が発表したデータなどを参考にすると、経済的に困窮している世帯の子どもと困窮していない世帯の子どもの間において、偏差値に大きな差があることが分かっています。

この理由としては、貧困による影響で学習に集中して取り組む時間が減っていることや、他の家庭の子と比べて塾や習い事まで教育費が回せないといったことが原因です。

親の意識で格差は埋められる

データ上は経済状況が学力に大きな影響を及ぼしていることが現実ですが、この結果は対策をすれば変えることが可能です。

具体的には、幼児期から早期教育を行い、児童手当はしっかり教育資金として貯めておくなど様々な方法を活用して教育費の負担を軽くすることで、簡単にこの結果を覆すことができます。

つまり親の働きかけにより、いくらでも賢い子供に成長させることは可能であるということです。

次のトピックで、賢い子どもの育てるための方法について解説していきます。

漫画で学ぶのは効果的?

ひよこのぬいぐるみ

子どもはイラストなどが大好きなので、漫画に興味を持つ子どもも多いでしょう。

「漫画は勉強の妨げになるからダメ」と、漫画を取り上げてしまう親御さんも多いと思いますが、適度に漫画を読むのは非常におすすめです。

その理由は、漫画から得る知識もあるからです。

例えば、漫画の中で知らない漢字や意味が分からない単語が出てきた場合に、すぐに調べることで国語力を鍛えることができます。

また、漫画の伝記を読むことで歴史に興味を持つ子どももいます。

漫画を通じて友達ができることもあるので、「漫画=悪」というイメージは捨てると良いでしょう。

漫画の読みすぎで勉強が疎かになってきたら注意する必要がありますが、そうではない場合は漫画は許容してあげるのがおすすめです。

賢い子どもに育てるための方法は?

笑顔の子ども

自分で問題解決できる環境を作る

自分の知らない物事と接する機会が多い幼児期は、大人が何もしなくても好奇心が自然と高まっていきます。

些細なことでも「あれは何?」「これは何」と聞いてくる機会も多いですが、このようなときは自分で考えさせると良いでしょう。

親が答えをすぐに教えてあげると思考力が鍛えられないので、自分で考えて調べる習慣を身に着けさせるようにしましょう。

新聞を日頃から読ませるのも効果的

最近は新聞の中にも「子供向けページ」がありますが「分からないことを調べる」という観点では新聞を活用することもおすすめです。

新聞を日頃から家族みんなで読むことで、様々なことを学ぶことができるメリットもあります。

そもそも疑問は目的がないと生まれないので、新聞を通して世の中のあらゆる事象に触れておくことで、子どもの興味関心の世界を広げることができます。

子供をしっかり観察してしたいことを見極める

子どもを観察していると、その子がどんなことに興味があるのか、またどんな能力があるのかが分かってきます。

例えば、新幹線や電車が大好きな子どもの場合は、満足するまで踏切で電車を待ったりDVDを見せてあげると良いでしょう。

親が子どもの興味を無視して理想を押し付けてしまうと、なかなか脳は発達しません、

そのため、しっかり子どもの様子を観察して好きなこやと興味があることを応援してあげることが大切です。

とにかく褒めてあげる

小学校に上がると宿題が課されることもあるため、勉強に対してネガティブな感情を持つ子どもも増えてきます。

幼児期から親に褒めてもらえるなど、うれしい成功体験があるとモチベーションを維持しやすくなるため、宿題をやったら褒めてあげましょう。

また、子どもが自発的に調べたり考えたりした時は必ず褒めてあげて、喜ばせてあげることが重要です。

このように、どんな細かいことでも褒めてあげることで子どものやる気を引き出すことができるので、「褒める」ということは非常に大切なことなのです。

やってはいけない親の教育方法

逆に、やってはいけない教育方法もあるため、こちらもしっかり理解してきましょう。

やってはいけない教育方法は、具体的に以下の通りです。

  • 親のコンプレックスを子どもに押し付けてしまう
  • 過度に子供に干渉してしまう
  • 否定的な言い方が多い
  • 子どもが萎縮するような脅し文句を使う
  • 子どもが好きなものを取り上げる

子どもが委縮してのびのび生活できないと、伸びるものも伸びません。

このような言動をしてしまうと親子の信頼関係が築けなくなってしまい、メリットは何もありません。

そのため、子どもを否定したり子どもが興味を持っているものから離したりするのはやめましょう。

幼児向け通信教育を活用する

上記で、親が行える子供を賢くするための方法について紹介してきましたがなかなか実行に移すことはできないという人も多いでしょう。

さらに親も忙しい家庭であればそもそも子供と関わる時間もまともに取れないといったことも起こりうるでしょう。

そのような家庭におすすめなのが通信教育の活用です。

特にこどもちゃれんじでは、基礎学力の定着のみならず、お子様の考える力・知的好奇心をくすぐるようなコンテンツが豊富にあります。

講座費用も、相場と比較してお得であると言えるので興味のある方は是非無料の資料請求をしてみてください。

\年齢別体験教材を無料でプレゼント!/

賢い子の特徴まとめ

賢い子の特徴まとめ

  • 単なる知識だけでなく思考力な柔軟な発想が求められる
  • 新聞や辞典などを家の中に置いておくと良い
  • 子どもをしっかり観察して、たくさん褒めてあげると良い

伸びしろが無い子どもはいないため、親が真摯に向き合いたくさん褒めてあげることが幼児期においては重要です。

子どもの好奇心をしっかりと受け止めて、夢中になっているものや好きなものがあれば一緒になって楽しんであげると良いでしょう。

こちらも記事を参考にして、ぜひ大切な子どもが「賢い子」になれるようにエスコートしてあげてください。

人気記事
  1. 幼児
  2. 【幼児期】賢い子の特徴は?遊びの重要性や賢い子に育てる方法を現役塾講師が解説!