解説記事
新着記事

幼児教育の基本(習い事・注目教育法・小学校受験・通信教育)を全て解説!

近年0歳児教育が登場するなど、教育の早期化はますます加速する一方です。

そんな状況の中で幼児期の教育に興味・関心を抱いている親御さんは今まで以上に多いと思います。

特に、幼児教育は小学校などの教育と比べても情報が少なく、どのように子供に接すればいいか悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか?

そこでここでは幼児教育を実践するうえで予め押さえておきたい情報を一挙紹介していきます。

目次
  • 幼児教育の実態

  • 今大注目のモンテッソーリ教育の実態

  • その他にも注目の教育法が存在

  • 気になる小学校受験について

  • 幼児におすすめの通信教育

  • 幼児教育についてまとめ

幼児教育の実態

現在は幼児教育の有効性を示すデータが続々と登場していることから、早期教育の必要性はより一層高まってきています。

気になるデータとしては、3歳までに脳の8割が完成しているといわれており、早めの教育によるメリットは計り知れないといえるでしょう。

よって、幼児期から学習習慣を形作っておくことは非常に大切なのです。

幼児期からの学習習慣の定着法については、以下の記事を参照してください。

賢い幼児の特徴

幼児教育に関心のある親御さんの多くは、将来お子さんに賢くなってほしいと願っているのではないでしょうか?

幼児期の賢い子供の特徴として、好奇心旺盛で様々なことに興味をもったり、素直な性格であることなど、複数の特徴的な点が挙げられます。

このような子供は将来も頭がよくなる可能性が高いといえるでしょう。

気になる賢い子供の育て方や、育てる際の注意点は以下の記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

幼児はどんな習い事をしている?

近年では早期教育の活発化に伴い、幼児期からの習い事をさせる親御さんも増えてきています。

特に人気なのはスイミングや英会話などとなっており、それ以外にも様々な習い事が注目を集めています。

また習い事を決める際には、子供の意思を尊重してあげることや先生や教室のムードがあっているかどうかを見ることが大切です。

人気の習い事や習い事を選ぶ際の着目点については、以下の記事で詳しく解説しているので、是非ご覧ください。

幼少期からの英語教育が後々に効果大

習い事ランキングでも上位に位置する英語教育は、小さいころから実践していくことが後々になって大きな効果を発揮してきます。

言語習得期に当たるため、小学校から学ぶよりも簡単に語学を習得できたり、英語耳を作ることもできるなど、早くからの英語教育には大きなメリットがあるのです。

ただし、あまり知られていませんが幼少期の英語教育にはデメリットもありますので闇雲に英語教育を行うのはおすすめしません。

幼児期英語教育の詳細な内容については、以下の記事も併せて参照にしてください。

幼児に使える言葉遊びも

お子さんを言葉に親しませるための手段として、「言葉遊び」は非常に有効な手段の一つとなります。

「言葉遊び」により、語彙力が身につき表現の幅が広がるのはもちろん、思考力も鍛えてその後の思考習慣定着につながるなど、メリットは予想以上に大きいです。

このような効果抜群の「言葉遊び」の実践方法は以下の記事で具体例を豊富に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

幼児教育を知る上でおすすめの本

幼児教育に興味のある親御さんの中で、実際に早期教育がどのように実践されているのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

その内容を知るための手段として、教育本を手にとって読んでみるという方法が挙げられますが、数が多すぎてどれを選んでいいかわかりづらいというのが現状です。

選ぶ際には、専門家がおすすめしている本を選んだり、他の親御さんの口コミも参考にするなど、いくつか注意すべきポイントを押さえておく必要があります。

おすすめの本と選ぶ際に押えておきたいポイントについては、以下の記事をぜひご覧ください。

今大注目のモンテッソーリ教育の実態

モンテッソーリ教育は幼児教育の中でも高い注目を集めており、その内容は多くの場で取り上げられています。

モンテッソーリ教育の最終目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことにあり、そのために子供のころから自主性を持った活動を重要視しています。

この教育を語るうえで、特に発達段階を6つに分けた「敏感期」と、年齢に合わせた「お仕事」の2つの要素が非常に大切になってきます。

また、その実践に必要な要素として、教具・整えられた環境・大人の3つが挙げられ、これらのバランスが整って初めて実現する教育法であるといえるでしょう。

モンテッソーリ教育に不可欠な教具

モンテッソーリ教育の核である「お仕事」を行う上で欠かせないのが教具の存在です。

教具にはそれぞれ目的とその内容が定められていることから、モンテッソーリ教育の考えに合わせて、子供の年齢と伸ばしたい能力にふさわしいものを選んであげることが大切になります。

以下の記事では、各年齢・目的にふさわしいおすすめ教具を詳しく紹介しているので、モンテッソーリ教育に少しでも興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

内部リンク383番

モンテッソーリ教育には問題点も

今大注目を集めているモンテッソーリ教育ですが、中には合わなくて後悔しているという声も上がっています。

完璧な教育法はこの世には存在しないため、優れた教育法であるモンテッソーリ教育にもデメリットは当然存在し、それに伴い、合う合わないといった個人差は出てきてしまうのです。

よって、モンテッソーリ教育を実践する際には、そのメリット・デメリットを踏まえて自分の子供にとって望ましいものかどうかを判断することが大切です。

この詳しい概要は以下の記事をぜひ参照にしてみてください。

内部リンク385番

本を使ってモンテッソーリ教育を知るのがおすすめ

ここまでの説明を聞いてもモンテッソーリ教育の内容が掴めないという方は多いのではないでしょうか?

その場合は、モンテッソーリ教育についてわかりやすく説明された本を読んで詳しくその内容を学ぶことがおすすめです。

本の内容もザックリ知りたい方向けからその実践面にフォーカスを当てたものまで、豊富な種類が存在するため、それぞれのニーズに合ったものを探し出せるでしょう。

詳しい本の情報については、以下の記事を詳しくご覧ください。

内部リンク429番

その他にも注目の教育法が存在

モンテッソーリ教育以外にも、注目の幼児教育はいくつも存在します。

そこで、今回は注目されている幼児教育法をいくつか紹介していきます。

シュタイナー教育

シュタイナー教育は哲学者のルドルフ・シュタイナーによって考案された教育法で、世界60を超える国の1,000校以上でシュタイナー教育を指導のベースにした学校が存在しています。

特徴として、「体」「心」「頭」の3つのバランスが取れた人間を育成する点が挙げられ、この実現のために学校での勉強以外にも芸術に触れたり体を動かしたりする時間が豊富に設けられています。

また、私生活でもその独自性を発揮しており、生活環境は静かで淡いピンクなど目に優しい教室づくりが標榜されているのです。

斎藤工をはじめとした多数の有名人も受けた注目の教育法となっているため、より詳しい概要を知りたい方は以下の記事を読んでください。

レッジョ・エミリア教育

レッジョ・エミリア教育は、教育家のローリス・マラグッツィが掲げた「100のことば」を教育理念として、子供の無限の可能性を伸ばすことに主眼が置かれた教育法となっています。

この教育法の特徴として、「社会性」「時間」「権利」の3つに主眼を置いて教育がなされている点が挙げられます。

「プロジェクト」と呼ばれる活動を通じて、子供たちがお互いに協力し合いながら自主的に物事を進める時間を設けたり、時間割をなくすことで、時間にゆとりを持って生活を送れるような工夫を施しているのです。

GoogleやDisney本社に併設してある保育園でもその教育法が導入されるなど、世界で注目を集めている教育法といえるでしょう。

気になる方は以下の記事も是非合わせて参照してみてください。

ピラミッドメソッド

ピラミッドメソッドは、学力テストで世界的に学力が高いとされるオランダ発の教育法です。

特徴として、物事を自分で選択して決断できる力を養うことに主眼が置かれている点にあり、その力を育むために「子供の自主性」「保育者の自主性」「寄り添うこと」「距離をおくこと」の4つが基本概念として設けられています。

この4つの概念は、相互に関連しあってピラミッドメソッドの全活動の礎となる非常に重要な役割を果たしているのです。

ピラミッドメソッドの詳しい内容は以下の記事も併せてご覧ください。

ヨコミネ式教育法

ヨコミネ式教育法は、横峯吉文が長年にわたって運営する保育園の経験を生かして生み出された教育法になります。

ヨコミネ式では4つのスイッチとして、「子どもは競争したがる」「子どもは真似をしたがる」「子どもはちょっとだけ難しいことをしたがる」「子どもは認められたがる」をあげており、この点を踏まえたうえで子供に最適な教育を施していきます。

また、子供の人間的・経済的自立を大切にしており、これを達成するために「学ぶ力」「体の力」「心の力」の3つのポイントも大切にしているのです。

これにより子供が本来持つ可能性を最大限引き出すことができるのです。

気になる小学校受験について

特に首都圏にお住いの親御さんはわが子が小学校受験を受ける可能性についても検討をしているのではないでしょうか?

小学校受験は、一般的に考えられている中学校受験・高校受験などとは性格がかなり異なるものであるため、この機会に大切にされているポイントやその制度について押さえておく必要があります。

試験概要

小学校受験の主な内容として、「行動観察」「ペーパーテスト」「面接」の3つに分かれます。

行動観察は、子供の集団生活における特徴を見る試験であり、協調性やリーダーシップ、他の子どもとうまく関われるかを評価していきます。

ペーパーテストは子供の思考力を試す試験が出題され、多くの学校では記憶問題が出題されます。

面接はほとんどの小学校で課される試験で、合否にも大きく関わる大切な試験です。

小学校受験の難易度を測るのは難しい

一般的に試験の難易度は偏差値を基に算出されますが、小学校受験では偏差値の算出が困難を極めます。

偏差値は絶対値としての点数を基に算出されますが、小学校受験では点数を出さずに定性評価となる「行動観察」「面接」も合格に大きなウェイトを占めるため、点数の算出は難しいのです。

よって、ネット上で偏差値が出されているパターンもありますが、あくまでもそれらは参考程度で捉えるべきでしょう。

難易度の詳しい見方については、以下の記事を詳しくご覧ください。

内部リンク405番

面接対策が合格への肝

面接は、両親や子供の人柄や家柄などを確認する目的で多くの小学校で出題されます。

主に子供だけ・両親だけ・親子で面接・集団面接の4種類に分けられ、それぞれ注意するべきポイントが存在するのです。

面接は受験における合否に大きく左右する重要試験であるといえるため、その基本情報と、注意するべきポイントは事前に押えておくことが必須であるといえるでしょう。

小学校受験の面接の詳しい情報は以下の記事を詳しくご覧ください。

服装も整えると印象ばっちり

小学校受験では服装を通じて、試験官に良い印象を与えることができるため、事前にしっかりと準備をしておくことが大切になります。

服装面で押さえたいポイントとして、子供は清潔でさわやかな印象を与える服装を着用することや、保護者は清楚さをアピールするような服装を着ることなどが挙げられます。

男の子・女の子それぞれの基本スタイルや、各場面などにおける適切な服装については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

幼児におすすめの通信教育

幼児教育が徐々に熱を帯びていく中で、通信教育の需要も日々増加しています。

通信教育は家で手軽に実践できる教育ツールであるため、幼児教育に関心のある親御さんは積極的に活用していくことがおすすめです。

ただ、現在急速な通信教育の種類の増加により、どれを選べばいいかわからない親御さんも多いのではないでしょうか?

そこで学びTimesでは幼児通信教育を徹底リサーチし、ぜひ受講してほしいおすすめ講座ランキングを作成しました。

各講座の情報を詳しくつかめるため、ぜひ一度ご覧になってください。

以下では幼児期の各年齢に合わせた通信教育を紹介していきます。

0~1歳におすすめの通信教育

0~1歳児の子供が受ける通信教育を選ぶ際には、親子で楽しめるかどうかをしっかりと見るようにしましょう。

まだ赤ちゃんで自分の意思で行動を起こせないので、基本的に保護者と一緒に教材を使っていきます。

この際、親と子どちらも楽しめるものでないと、続かないためこの点は注意する必要があるのです。

以下では、0~1歳児が使う通信教育を選ぶ際の観点や、おすすめの通信教育をランキング形式で紹介しているので、ぜひご覧ください。

2歳におすすめの通信教育

2歳児に通信教育を選ぶ際には、0~1歳児と異なり子供がある程度自分で物事に取り組めることを念頭に置く必要があります。

当然親が干渉しなければいけない場面も多いですが、基本的には子供が自分で取り組める教材かどうかはきちんと考慮する必要があるでしょう。

また、これに伴い子供の興味も尊重しながら教材を選んであげることも、非常に大切になります。

以下では、2歳児におすすめの通信教育を余すところなく紹介しているので、ぜひ一度参考にしてみてください。

3歳におすすめの通信教育

3歳児の通信教育を選ぶ際には、子供の興味を尊重することが2歳児同様重要になってきます。

子供が興味のないものを与えても自主的に取り組めず、結果として子供の意思を無視することになり、自主性や積極性を育むこともできません。

そのほかの注意点としては、タブレットを与えるか否かや講座費用の適切さなどが挙げられます。

以下では3歳児のおすすめ通信教育について、詳細に紹介しているので、そろそろ通信教育を始めてみようかなと考えている親御さんはぜひ通信教育選びの参考にしてみてください。

幼児教育についてまとめ

幼児教育についてまとめ

  • 幼児期から学習習慣を形成しておくことは非常に重要
  • 幼児の習い事としてスイミングや英語・英会話が多い
  • モンテッソーリ教育は子供の自主性を育てる今大注目の教育法
  • シュタイナー教育は芸術教育に大きな特色あり
  • レッジョ・エミリア教育は社会性獲得に効果大
  • すべての教育法には一長一短があるので自分の子供に合っているか吟味が必要
  • 小学校受験は難易度を一概に図るのが困難
  • 面接は小学校受験を突破するうえでカギとなる試験
  • 通信教育の需要は大きく増えている
  • 講座もたくさん存在するため、選ぶ際に大切な観点を押さえたうえで判断することが必須

ここまで幼児教育の基本情報を余すところなく解説してきました。

幼児教育は、お子さんの将来を考えるうえで非常に大切な過程といえます。

ぜひ、早くから幼児教育に関する情報を仕入れて、ご家庭でもできるところから実践されてみてはいかがでしょうか?

学びTimesでは幼児教育についての情報を豊富に発信しているので、ぜひ他の記事もチェックしてみてください!

人気記事
Instagram
この記事に関連するタグ